相続・遺言

Inheritance / Will

相続登記

土地、建物を所有する親が亡くなり、子どもである私に相続登記をしたい。

相続登記の主な流れについてご説明いたします。

  • 相続財産の確定

    被相続人(お亡くなりになった方)の財産が、どれほどあるのか?を確定する必要があります。

  • 相続人の確定

    誰が相続人になるのか?を確定する必要があります。

  • 遺産分割協議

    どの財産を、どなたが相続するか?相続人全員において協議が必要な場合があります。

  • 相続登記

    遺産分割協議書(または遺言書)に従い、相続登記申請を行います。

当事務所では、上記手続きにおける相続人の確定作業、遺産分割協議書の作成、相続登記まで一括してお手伝い致します。遠慮なくご相談ください。

遺言手続

自分が亡くなる前に、相続人にしっかりと遺言を残しておきたい。

遺言には、主に自筆証書遺言、公正証書遺言の2種類があります。相続人間の無用なトラブルを避けるため、遺言書を作成することをお勧めしております。遺言書の作成には、それぞれ所定の手続きが必要となります。当事務所にご相談ください。

相続放棄等

相続の対象となる財産に多額の借金が含まれているようだが・・

相続の対象となる財産には、借金などのマイナス財産も含まれます。相続するプラス財産よりも、マイナス財産の方が大きい時には、場合により相続放棄も検討しなければなりません。